車買取サイトでもトラブルは起こる

愛車を高く売ることに成功した人の話しを、聞いたことがある人も多いと思います。

車買取業者が出てきたことにより、車の買い替えに伴う下取り価格以上に愛車を高く売ることに成功している人たちが増えています。

しかし喜びの声と平行して、トラブルも出ています。

ここで車買取サイトを利用して、起こりやすいトラブルを考えてみたいと思います。

査定価格トラブル

車買取サイトを利用して愛車の査定を行う場合、コミュニケーションは文字で行われます。

査定をする側は、あなたの入力する情報を元に概算査定を行います。

そしてメールであなたの査定価格を見積もりしてくるのですが、ここで注意が必要です。

その価格が正規の買取価格なのか、概算の価格なのか、その価格は日々変化している為、実際に買取が成立した後に、最初の価格から下落してしまいトラブルになる事もあります。

瑕疵担保責任

瑕疵担保責任とは、売買成立後に見つかった車の瑕疵(欠陥)は買主が売主に欠損の損害負担の請求をできるというものです。

要するに売買契約後に車を業者に渡した後で欠陥が見つかった時は、査定価格から値引きするというものです。

ユーザーにとって気分が良い話しではありませんが、これは法律ですからどうにもできません。

キャンセル規定によるトラブル

瑕疵担保責任などにより、トラブルにつながる例もあります。

「そんなことを言うならキャンセルするよ!」と言ったところで、今度はキャンセル料が発生します。

車買取サイトはネット上の取引であることをまずは理解して下さい。

売買契約を成立させる前に、査定価格の内容を吟味して瑕疵担保責任やキャンセル規定を双方でよく確認しておくことも大切です。