買取相場と下取り相場の違い

「あなたの愛車を高く買い取ります!」こうしたキャッチフレーズで宣伝するコマーシャルを見たことがある人は多いと思います。

ところが車の買い替えにディーラーに行くと「この車の下取り価格は・・・」という説明を受けます。

「買取相場」と「下取り相場」の意味に違いはあるのでしょうか?

車の買取相場とは

これは車の買取業者があなたの愛車を買い取った後、中古車オークションなどの流通市場に売りに出して利益を得るビジネスモデルです。

このビジネスモデルの最大のメリットは、買取業者が買い取った車の維持費を大幅にカットできる点です。車の保管スペースの確保、保管中のリスク(天災など)を考慮する必要が、買取業者にはほとんどありません。

こうしたコストカットが反映して、買い取り相場が決まってきます。

下取り相場とは

車をしたドルディーラーさんは、下取りした車がいつ売れるか分からないリスクを背負います。

何よりも下取りした車の保管スペースを確保するには、それなりのコストを必要とします。

こうした下取り後の維持費を想定して決められる価格が下取り相場です。

車の相場価格についてまとめると…

買い取り相場の方が、下取り相場ほど維持費を考慮しなくて良い分、車の買取価格に反映されて売主にメリットがでる可能性が高いといえます。

※但し年式の古い車など中古車市場で売れそうもない車は、買取業者もあまり歓迎していないようです。